口頭試問の全体的な意図とカリキュラムにおける使用役割

アイキャッチ画像

アテナイブログを担当しておりますKodabou(コダボウ)です。今回は、ブログ担当のKodabouが記事をお届けします。

アテナイのメディアを執筆しておりますTakataさんは物理・化学に造詣が深いので、Takataさんは大学受験の物理や化学を学術的な見地から解説しています。

でも、私、Kodabou(コダボウ)は、「物理・化学の学習に役立つ、よもやま話や様々な情報」「皆さんの勉強の気分転換になる面白い話」「皆さんの大学受験や将来に役立つ情報」「皆さんの知的好奇心を刺激するような豆知識や教養」「皆さんを励ますことができる話題」「医学部についての情報」など、よりソフトで読みやすい内容をお届けしていきます。ぜひ、気が向いたときにでも、気軽に目を通していただければ幸いです。

昨日は、東京で大雪が降り、この冬一番の冷え込みとなりましたね。暑いのが苦手で寒いのは平気な私も、寝るときに寒気を感じました。大雪の日に私立大学の受験に行かれた方は、本当にお疲れ様でした。今年は寒さが続いている分、暖かくなったら一層の有り難みを感じられそうですね。

さて本日は、「アテナイで使われている口頭試問って何?」「口頭試問について、もっと具体的な情報を聞かないとイメージが湧かない」という方にピッタリの特集を組みました! ぜひ、気楽な気持ちでお読みくだされば幸いです。

アテナイ口頭試問 全体的な意図

 アテナイの口頭試問は、大学入試本番において、以下の事項が達成できるようになることを目指しています。

 ・問題を読み、趣旨をただちに理解して、答案を作る。

 

そのために、以下の事項が必要だと考えています。

 ・専門用語の定義・意味を理解していること。

 ・問題の解答を、専門用語を踏まえて論理的に説明すること。

 上記 2 点は、あっさりとまとめられていますが、実際に習得し出来るようになるのには多くの時間と苦労を伴います。そのうえ、集団授業や独学で習得することは難しいと考えております。なぜなら、集団一斉授業や独学では、「他人に対して口頭で説明し、その意味を深く検討する機会」が少ないためです。

 その点を踏まえ、「アテナイ」では、生徒様に口頭で説明していただく機会を提供しているのです。科目の内容を自分の言葉で整理することで、生徒様自身の理解を促進していただけるようになるのです。それが、アテナイの口頭試問です。

 そして、理解が進んで口頭で説明する習慣を身につけられた生徒様は、これまで理解できなかった問題も考えることができるようになるため、自ら質問を作って講師に問うことができるようになります。

ここまで到達できれば、もうしめたものだと考えております。この姿勢を習得できれば、それ以降は理解力が飛躍的に向上すると考えております。

アテナイのカリキュラム 全体の構成

アテナイのカリキュラムは、「基礎」「応用」「総合演習」の3つのステップに分かれていますが、そのすべてにおいて、口頭試問が採り入れられています。

(ステップ 1 基礎)

 ⑴ 専門用語の定義・基本の意味

  生徒自身が、用語の定義や意味を一語ずつ説明していきます。口頭試問によって、用語の意味を求められた時の解答例を、自分で言えるようになります。

 ⑵ 論理的思考の練習

  標準的な例題を用いて、用語の意味を考えて解答する訓練を行います。この過程においても、「どうして、〇〇の現象は△△になっているの?」といった問いを講師が細かく発していき、生徒様がそれに連続して答えていきます。それによって、確認漏れや暗記漏れがなくなり、問題設定や状況を客観的に俯瞰できるようになった結果、「論理的思考の筋道」といったものが必然的に習得できるようになっております。

(ステップ 2 応用)

 ⑴ 専門用語の再検討

  全範囲を一巡した後で、複数の項目にまたがる専門用語の意味を再度確認していきます。ここでも、口頭試問が指導法・教授法として用いられます。他の範囲で専門用語の漏れがないか、複合的な意味を正しく把握できているか、1つ1つ短い質問を発しながら確認し、短時間で多くの事柄を確認していきます。生徒様のほうが、あやふやだった知識を再確認し、短い質問に1つ1つ答えていくことで、脳への刺激となり暗記が確かなものになっていきます。

 ⑵ 入試標準問題の理解

  標準的な入試問題を用いて、論理的に解答する訓練を積みます。その際、専門用語が用いられている文脈を把握するようにし、一つ一つの専門用語の意味を、口頭試問を通して、文脈や出題設定に照らし合わせて実践的に整理するようにします。

(ステップ3 総合演習)

 発展的な入試問題を用いて、論理的に解答します。未知と思われる問題に当たり、

 これまで習得してきた内容がどこまで通用するか確認します。

そして、さらに深い理解を形成していきます。この過程においても口頭試問が用いられ、専門用語の意味を前もって口頭試問で確認することで、生徒様が以下のように論理的に説明できるようにします。

 「◯◯です。したがって、◇◇です。」

 「◯◯だから、◇◇であり、その結果△△であることが導けます。」

口頭試問を用いて以上のように論理的に説明する練習を積むことで、物事と物事のつながりが生徒様自身の頭の中で形成されていき、論理的思考が深化されていき、入試で求められる長い答案を作成できるようになるのです。さらに、自信をもって受験勉強を継続することができるようになると考えております。

以上、いかがでしたでしょうか。アテナイで用いられている合格メソッドである「口頭試問」について、違った角度から具体的に説明を申し上げました。「口頭試問」という教授法・指導法が大学受験の場において用いられることや、その大きなメリットを、少しでも具体的にイメージして頂けたなら幸いです。

投稿者プロフィール

Kodabou
Kodabou
根っからの語学マニア。大学院では、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、古典ギリシャ語、韓国語を学んだ。日本にいる外国人と外国語で話すより、現地の国へ行って外国語で話すのが好き。