物理と化学、どちらを選択?/受験物理のノウハウと、「物理あるある」

アイキャッチ画像

アテナイのKomabouです。本日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

アテナイブログも、いよいよ6本目となりました。これからも、受験物理や受験化学、理科選択についてのノウハウなど、大学受験生に有益な情報を載せていきますので、ぜひ定期的にチェックして頂けたら幸いです。

私が人生で一番困難だったのは中学受験で、英語や第2外国語と言った語学教科こそありませんでしたが、体力的に常に限界の状態でした。そんな中、猛勉強を続けたため、視力をあっという間に失っていき、中学受験が終わったころには両目で0.05しか残っていませんでした。さいわい大学入試に現役で受かったので、高校を卒業した春休みにレーシックの視力矯正手術を受け、現在に至るまでメガネの要らない生活を送れています。でも、最近になっても、レーシックに関しては事故や手術の失敗のニュースを聞くので、悲しくなりますし、また怖いなと思います。

朝晩の冷え込みが、だいぶ激しくなってきましたね。着る衣服の調節で、上手に防寒対策を行って風邪をひかないようにしましょうね。私は、先日、立川の昭和記念公園に行って、ひさびさに大自然の中でのびのびと緑と紅葉を満喫してきました。外国の人が非常にたくさん来ていたので、日本もいつの間にか国際化が進展したものだと思いましたよ。

では、本日の本題に入りますね。

Q.物理と生物、どちらを選択したほうが良いか迷っています。選択に当たってアドバイスやコツはありますか?

発想力や閃(ひらめ)きが強い生徒さんであれば、「言語化されていないところで何が重要か」、(出題者や設問の)「意図」を閃きで気づけるので、物理のほうが有利に働きます。

その一方で、きちんと用語や流れを暗記し、それを面白いと感じ、勉強してきたことを緻密に書き上げることが強い生徒さんは、生物に向いていると言えるのです。そういう生徒さんは、言語化されていることを、言語的に受け取って、論理的に結び付けられるからです。

以上の内容に端的に表されているように、まず、生物は、用語や流れをきちんと暗記していくことを面白いと感じられる人が向いているようですね。そして、言語的に勉強してきたことを、論理的に結び付けながら、細かく濃く記述するのが得意な人が生物に向いているので、「言語的な能力」や「記述力、暗記力」に秀でているタイプは、生物が向いているのでしょう。「才能」タイプと言うよりは、どちらかと言えば「努力型」ですが、もちろん才能は生物でも役に立ちます。

それに対し、「言語化されていない部分・要素」を鋭く感知することができる発想力や閃きを持っている人は、物理が向いている可能性が高いという事ですね。どちらかというと、「才能タイプ」が当てはまる気がします。

Q.受験物理のノウハウや、「物理あるある」を詳しく教えてください。

受験物理と言うものは、「原点、軸、正の向き」を自分で設定して、自分で分析して数式を立てていくと、たいてい半分以上答えは出ているものです。物理は、そこまでの訓練を、どこまでやったかということになります。

物理に取り組むに当たって重要な金言は、「問題文は、全てを訊(き)かない」ということです。つまり、設問を解くにあたって分析していく上での要点を、小問ですべて訊いてくることはないのです。そのため、「何がまだ訊かれていないか」を自分で気づき、自分で発見していかなければならないことを自分で見つけ、自力でこなせるようになったら、いつの間にかそういう「難所」は乗り越えられています。

一連の流れからはみ出る問題は物理の大学入試問題では出しにくいので、結果的に、リード文を読んだ状態で、小問で訊かれていなくても、一連の運動の分析を行い数式を作り始めることができれば、もうしめたものです。

以上の内容、いかがでしたか。次回から、化学編に入ります。引き続き、有益で面白い情報を発信してまいりますので、読み続けてくださったら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。