医学部志望の学生さんに物理選択をおすすめする理由!合格が近づく具体的な勉強方法やコツも紹介!

アイキャッチ画像

 

医学部志望の学生さんにとって、受験科目の選択は非常に悩みますよね。「物理のほうが受験に有利と噂されている」とか「医学部なんだから生物の知識が必要だ」など、様々な意見があると思います。ただし、最終的に合格できるなら、そのために必要な知識や勉強方法などは早めに知っておきたいと考える人は多いですよね。

この記事では、そんなあなたの悩みを解決するため、医学部受験で物理を選択するメリット・具体的な勉強方法や高得点を取るコツを説明し、あなたにおすすめの学習塾の紹介もさせていただきます。勉強方法やコツについては、私の経験を交えながら説明させていただきますので、よろしければ参考にしてください。
少し長いですが、この記事を読めば医学部合格に向け他の受験生よりも大きくリードできる内容ですので、よかったら最後まで読んでください。
それでは、まずは「物理選択のメリット」から説明させていただきます。

医学部受験で物理を選択するメリット

 

合格者の割合が多い

実際に医学部に合格した受験生の選択科目の比率は「物理選択58%、生物選択42%」となっており、医学部合格者の割合は物理選択の方が多いと言われています。

高得点がとりやすい

暗記科目である生物は、勉強の見落としによって安定して得点を取りにくいと言われています。物理は、最悪の場合0点にもなり得ますが、基礎がわかってしまえば論理立てて解答していける問題が多いので、高得点が安定的に取りやすいです。

参考書が多い

生物に比べて参考書の種類が多く、受験対策のためのデータが十分に揃っているように感じます。選択肢が多く、細かくレベルや目的に合ったものを選べるので、勉強効率アップにもなります。

物理選択に対する誤解

 

暗記で対応できない問題が多いのでは?

決まったパターンが多く、ある程度は暗記でも対応できます。頻出パターンを覚えておくことは必要ですが、それを応用して高得点を狙うには論理的思考力も必要になります。思考力を伸ばす具体的な方法の一つに、後述する「口頭試問」があります。

入学後には生物の基礎知識が必要では?

合格者の割合についても説明しましたが、医学部入学者には未履修の学生も多いので、1年時に生物の授業があるのがほとんどです。医療分野を目指す上で生物の知識は必須になりますが、入学後に専門の先生から基礎知識を学べるので、受験の時点で生物が必須というわけではありません。

 

物理が向いている人

 

数学が得意な人

物理の試験は、基本的に計算問題なので精度と速さが求められます。したがって、数学の計算処理能力があると、より高得点が狙いやすくなります。

思考力の高い人

単に文字や数字を覚えるだけでなく、なぜそのようになるか、論理的に説明できるほどの理解力が必要になります。こうした能力は、単純と思ってしまうことでも疑問に思えるようになるトレーニングが必要になります。

元々そういった能力が高ければ問題ありませんが、記事の後半で紹介する「物理・化学専門 マンツーマン指導塾 atenai(アテナイ) 」では思考力を伸ばすようカリキュラムが設定されているので、思考力に自信がない方はぜひ最後まで呼んでください。

物理で高得点を取るコツ

 

基本的な公式や用語を深く理解する

暗記することは少ないとはいっても、全くないわけではありません。基本的な公式や用語は知っておく必要がありますが、ただ記憶するのではなく、成り立ちや導出方法・応用方法なども併せて記憶することで、問題に活用するための深い理解につながります。
実際に私が受験生のころは、苦手だった電磁気は参考書を3周するなどして、3週目には途中式含めてスラスラと回答できるようになりました。しかし、模試や過去問で完答することができず、一時的に伸び悩んでいたことがあります。解けなかった問題の解説を読むと、自分が知っているはずの知識が書いてあるだけで、なぜ解けなかったのか初めはわかりませんでした。入試直前になって、知っているはずだった公式や用語の定義を復習したことで、問題の意図が理解できるようになり、無事に志望校に合格したという経験があります。

量よりも質を重視する

問題数をこなすことを意識しすぎて、ひとつひとつの問題への理解を怠ってしまうと何処かで伸び悩む可能性が高いです。物理の場合は、ひとつの問題で理解したことが、他の多くの問題に応用できることもあるので、理解力の深さが重要です。
参考書を3周して伸び悩んでいた経験があるので、「○○問題集を3周すれば入試対策は完璧!」といったアドバイスは信用していません。3周することよりも、その中でいかに思考力を高める努力ができているかが重要だと感じます。

苦手なポイントを把握する

不正解だった問題は、答えを見て理解するだけでなく、その原因を追求し苦手なポイントに合わせて勉強方法を工夫することが高得点につながります
私の場合は、力学は得意であり得点源だと感じており、電磁気は苦手意識がありました。入試直前に気がついたのですが、電界は「電荷の運動方程式」であり、基本的にそれらの違いはありません。(厳密に言えば、ポテンシャルエネルギーの考え方が異なる点には注意が必要です。)電荷の運動をイメージして問題を読んでみると、そこまで苦手に感じることもなくなりました。つまり、僕の場合は苦手な電磁気は、電荷の働きをイメージできていなかったことが苦手なポイントだったと感じます。

具体的な勉強方法

 
コツを理解しても、実際に手を動かして勉強をしなくては得点は取れません。ここでは、物理の勉強方法について説明します。

教科書・学校の授業

まずは、学校の授業で習ったことを復習したり、これから習う内容を予習したりして、学校の授業の内容を完璧に理解しておくようにしましょう。
私の場合は、部活に時間を取られていたので学校の授業中はなるべく真剣に取り組み、時間内にできる予習・復習は必ずやるようにしていました。分からなかったことや気になるところは学校の先生に質問していましたが、学校の先生は人によって教え方も違えば、生徒が多くてなかなか長時間話せなかったので、時間の工面に苦労しました。

参考書

物理選択のメリットとして、多くの参考書が出版されていることを説明しました。学校の授業の内容が理解できるようになったら、自分のレベルにあった難易度や解説の参考書を使って、多くの問題に触れるようにしましょう。
私の場合は、「物理のエッセンス」を分野ごとに揃えていました。参考書選びに翻弄されて、肝心の読み込みが甘くなってしまっては本末転倒なので、それほどこだわらなくてもいいかなと、個人的には思います。参考書の質というよりも、思考力を上げるために努力しているかどうかが重要です。

模擬試験

本番を想定して、勉強してきたことを応用して問題を解く体験を模擬試験を活用して行いましょう。本番同様の緊張感の中でも、学んだことをしっかり活用できる訓練になるので、回数をこなすことで、徐々にリラックスして試験に臨めるようになります。
私は貧乏性で模試はあまり受けなかったのですが、やはり本番に緊張したり動揺したりして、思ったように解けなかった記憶があります。将来のことを考えると、模試はある程度受けたほうがいいように思います。

志望校の過去問

最終的には、志望校の過去問を使って本番により近い内容での実力把握をしていきましょう。志望校によって出題傾向があったり、その年の合格者の特典などと比較することで、目標に対してどれくらいの位置に自分がいるのか理解できます。できなかった問題はしっかり復習し、本番直前までに苦手意識のあるポイントは克服しておきましょう。

学習塾

独学もいいのですが、自分のことを別の視点で支えてくれる学習塾での勉強も効率的です。別の視点が入ることによって、客観的に自分の苦手ポイントを把握してもらえたり、それに合わせた学習方法の工夫ができます。

受験までのスケジュールの立て方

 
文部科学省の統計によると、医学部の現役合格率は35%程度です。ただただ勉強しているだけでは、その狭き門を突破するのは厳しいです。

そこで、合格率を高めるために具体的なスケジュールを立てることをおすすめします。ここでは、スケジュールを立てるための準備も含めて、具体的な計画方法やスケジュール例について説明します。

1. 志望校を決める

まずは、受験において最終目標となる、志望校を決めましょう。志望校は、自分の将来のことを真剣に考え、ご両親とも話し合って決めることをおすすめします。

志望校が具体的になることで、勉強のモチベーションも上がりますし、周りからの応援もされやすくなります。

2. 目標設定

志望校の受験に必要な選択科目や出題範囲を調べ、過去の合格者のデータから合格ラインとなる点数や偏差値が分かります。それらの「数値データ」を目標としましょう。例えば、「3科目の偏差値62以上」などです。

具体的に決まっていることで、勉強がより不足している科目や分野を把握でき、具体的な勉強方法を決めるのに役立ちます。また、志望校や目標が決まったら、紙に書いて貼っておくなどして、机やスマホの壁紙などの見える場所に設置しておきましょう。日頃から見て意識しておくことで、常に目標を見失うことなく、合格に向けて必要な勉強に集中できるようになります。

3. 具体的な計画

具体的な勉強方法について説明しましたが、基本的には「教科書(学校の授業)→参考書→模擬試験→過去問」といった順番になり、学習塾は必要なタイミングで活用します。これらの勉強方法を科目ごとや単元ごとに日付を設定していきましょう。

例えば、7-8月までに教科書の内容を終わらせ、9月中に○○と××の参考書を完了させ、10月の模擬試験で偏差値○○以上、本番までに学習塾を活用し、弱点箇所の補強をし、入試当日までに過去問10年分で平均○○点以上を獲得する。といった感じです。

 

物理・化学専門 マンツーマン指導塾 atenai(アテナイ) とは?

学習塾のメリットは「客観的に自分の苦手ポイントを把握できる」と説明しましたが、医学部で物理選択を希望する学生にとって有力な選択肢になるのが「アテナイ」です。ここからは、アテナイをおすすめする理由と、具体的な入塾までの流れについて説明します。

医学部志望・物理選択の学生さんにアテナイがおすすめの理由

具体的なアテナイの説明をする前に、この記事を読んでいる医学部志望の学生さんにアテナイがおすすめの理由を説明します。

物理・化学に特化している

医学部の受験には理系科目が必須になることが多く、中でも物理・化学を選択する受験生の割合が多いです。アテナイは、物理・化学に特化して指導しており、過去のデータや傾向に合わせたきめ細かな指導方法ができます。学習塾を検討していて、理系科目を得点源にしたい学生さんにとって最適な選択肢と言えます。

マンツーマン指導

集団で授業を受けるタイプの学習塾とは異なり、アテナイはマンツーマンでの指導になります。マンツーマンであれば、生徒ひとりひとりの学習レベルや進み具合や目標に対して不足しているポイントを見つけて対応した指導をしやすく、合格に向けて着実なレベルアップを狙えます。

口頭試問による指導

口頭試問による指導とは、講師と生徒の問答を通して指導する方法です。例えば、講師が「〜とはどういうことか」「〜についてどう考えるか」といった出題をし、生徒が問題に対する解答をその場で答えます。その際、「なぜそう言えるのか」「裏付けはあるのか」を適宜講師が確認するといった内容です。面接とは違い、その解答の内容が理路整然としているかという、「解答のプロセス」を重視します。論理的に思考し、それを相手に表現する能力が必要になるため、解答する内容に関しては「深い理解」が求められます。

2020年度の大学入試改革で「思考力」が重視されていることもあり、大学入試の試験科目として導入する大学も出てきているほどです。

過去問をひたすら解いても太刀打ちできず、解法の暗記では対応できなくなっているため、これから受験を予定している学生さんにとっては必要不可欠な「高い思考力」を手に入れるための指導方法です。

難関大・医学部を中心としている

アテナイの指導者は、東京大学や九州大学をはじめとする高学歴の講師ばかりです。単に「教え方がうまい」というだけでなく、講師自身も受験の経験から受験生の具体的な悩みや克服方法を熟知していることで、より具体的な解決方法の提案ができる可能性が高まります。

オンラインによる指導

受験生にとって、時間はかなり貴重なものです。特に、現役合格を目指す学生さんにとっては、学校の授業時間外で学習塾での指導を受ける必要があります。そのために移動時間は最小限にしたいですよね。アテナイでは、オンラインにて指導を行なっているので、タブレットやPCを使って自宅から受講できるので、学習の時間効率が高まります。

また、電車移動や対面での指導は、感染のリスクを高めることになってしまいます。本番直前で病気にかかってしまって受験できなかったら苦労が水の泡になってしまうので、オンラインで受講することで感染のリスクを最小限に抑えられます。

  

アテナイが向いている学生さん

アテナイに向いているのは、

・偏差値を一気に上げて医学部・難関大学に合格したい学生さん(偏差値45未満)

・基礎はできるが、初見の問題に対応できない学生さん

・入試レベルの問題で目標の点数が出せない学生さん

・高い思考力を手に入れて化学・物理で高得点を出したいと考える学生さん

・絶対に志望校に一発合格したいと考えるモチベーションの高い学生さん

・大手予備校のテキストを予習・復習しても成績が上がらないと悩んでいる学生さん

・問題集を3周解いても、初見の問題が解けないと悩んでいる学生さん

・有名な問題集や勉強法を使っても、出来るようにならないと伸び悩んでいる学生さん

などで、それぞれの学生さんに合わせた指導方針が用意されています。特に、受験に対して熱意や高いモチベーションのある学生さんにとってはかなりおすすめです。

アテナイのカリキュラム

「いきなり口頭試問なんて、レベルが高そう・・・」と思われる学生さんも多そうですが、アテナイでは、口頭試問に慣れていない学生さんでも安心して成績アップを目指せるよう、初めは簡単な問答から始めて、徐々にレベルアップしていきます。学生さんの学力によって終了時期は異なりますが、

「Tier1. 教科書の知識の習得・論理の理解」

「Tier2. 教科書の知識を組み合わせて解く」

「Tier3. 論理的思考力を武器に武器に未知の問題を解く」という順になります。

卒業生の合格実績

東京大学 北海道大学医学部 筑波大学医学部 千葉大学医学部 日本医科大学医学部 東北大学医学部 旭川医科大学医学部 三重大学医学部 昭和大学医学部 日本大学医学部 東邦大学医学部 埼玉医科大学医学部 東海大学医学部 金沢医科大学医学部 東京女子医科大学医学部 愛知医科大学医学部 川崎医科大学医学部 岩手医科大学医学部 杏林大学医学部 北里大学医学部 獨協医科大学医学部 帝京大学医学部 弘前大学医学部 鳥取大学医学部 横浜市立大学医学部 東京医科歯科大学医学部 東京慈恵会医科大学医学部 聖マリアンナ医科大学医学部 福岡大学医学部 東京理科大学 順天堂大学医学部 京都府立医科大学医学部 大阪大学理工系学部 早稲田大学理工系学部 青山学院大学理工学部 中央大学理工学部 芝浦工業大学 など

 
 

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。医学部志望で物理選択の学生さんにとっては、メリットや具体的な勉強方法、スケジュール方法はぜひ知っておいて欲しい情報です。また、受験に対する熱意のある学生ほど、自分にとって最適な勉強方法について調べ、実行しているかと思います。

学習塾を検討中で、高い思考力を手に入れて難関大への合格を目指す学生さんは、まずアテナイの体験受講を試していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。