コツをつかめば理解も暗記も簡単!イオン化傾向の仕組みと覚え方

アイキャッチ画像

新しくAtenaiのブログのライターになりました、Takataです。現在は首都圏にある国立大学医学部の5年生として、医師になるために勉強しています。アテナイのブログでは大学受験で必要な化学の内容について、面白い話や身近な事柄を交えながら、興味を持ってもらえるような記事を書いて行こうと思っています。よろしくお願いします。

化学の勉強って、想像以上に覚えることが多くて困りますよね?イオン化傾向や電気陰性度等の指標に加えて、沢山の化学反応式、こんなの一々覚えてられないよなんて思ってしまっても無理はありません。かくいう私も暗記が苦手なこともあって理系にしたのに、「化学の時間はよくわからない言葉をたくさん覚えなくちゃいけない」と大変憂鬱に思っていたことがあります。しかし、実は化学はその根底にある理屈がわかっていると暗記する内容を大きく減らせる科目なのです。覚えるべきことを正しく覚えると芋づる式に他の知識も入ってくるというイメージです。

この記事ではそんな「覚えるべきこと」の1つであるイオン化傾向について、「そもそもイオン化傾向とは何?」ってことや忘れないための語呂合わせについて紹介していきます!

金は錆びないって本当?

皆さんは「金」ってきくとどんなイメージを思いうかべますか?「高そう」だとか「ピカピカしてる」ってイメージありますよね?金は永久の輝きを持つとも言われる金属で、古代エジプトのピラミッドの財宝や昔の王族の遺産からも見つかっています。金は昔も今もとても高い値段で取引されていて、消しゴムくらいの大きさの金でも100万円くらいの値段がします。では、なぜそんなにも金は価値が高いのでしょうか?

金の大きな特徴のひとつが、「錆びない」ということです。皆さんが住む街を見渡してみると、鉄骨や住宅の屋根が錆びていることってありますよね。普通身近なところにある金属は最初はピカピカしていても、時間が立つと錆びて汚くなってしまいます。この「錆びる」というのは化学の用語では「酸化する」といいます。でも金はいつまでも安定して輝いていて、きらめきがなくならない、つまり「酸化しにくい」のが特徴なんです。いつの時代でも、時間が立っても輝いている、だからこそ金は高値で取引されるのです。

イオン化傾向ってなんだ?

金のことはわかったけどイオン化傾向の話はどうなったんだ!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心を。なんと今の話がイオン化傾向に関係してきます。

「イオン化傾向」とは、「金属元素のイオンになりやすさを表した指標」のことと学校や塾で習ったとおもいます。これはわかりやすく言い換えると、「世の中には色んな金属があるから、それを化学の反応がおこりやすい順に並べてみた」ってイメージです。小学校のとき、クラスで背の順とか出席番号順でならびましたよね?あんな感じで金属元素を「反応しやすさ」でならべたのが「イオン化傾向」なんです。金属は反応すると陽イオン(Na+とかCa2+とか)になるので「イオン化傾向」って名前なんですね。

このイオン化傾向の表の一番右側で、最もイオンになりにくい、つまり反応しにくいのが金(Au)なんです。もうわかりましたね?金(Au)はイオン化傾向が一番小さい金属だから「酸化(という反応が)しにくい」、つまり「錆びにくい」という特徴を持っているのです。左にいくほど「イオン化しやすい」つまり「反応しやすい」ので、鉄(Fe)は金(Au)に比べて錆びやすいのです。

ゴロでおぼえよう!イオン化傾向

受験の化学では、どんな金属がどれくらいイオン化しやすいか?ということが重要になってくることがあります。例えば身近なところにもある電池は、2種類の金属の「イオン化しやすさ」の違いによって電気の流れをつくっています。受験の問題では、この電池の仕組みについて問われることがあり、そのときにはこのイオン化傾向を覚えておくことが必要になります。これはもう正直、覚えるしかないんですよね。私と一緒に、ゴロを使って覚えましょう!

「借金まみれになっちゃったからお金貸して!」と言う人に対して、「リッチになったから(お金を)貸そうかなまあでもあてにはすんなよ!(お前の)ひどすぎる借金を返すほどはないからな!」ってイメージです。これは覚えていたほうが、絶対に試験で得をするので必ずおぼえましょう。

イオン化傾向の記事、いかがだったでしょうか。みなさんの苦手意識が、少しでも減ったなら幸いです。このような化学に関する記事をあげていく予定ですので、また気になる記事があったらチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。